カフェテリアプランの福利厚生制度とは?

カフェテリアプランの福利厚生制度とは? 多様化する従業員のニーズに対応できる福利厚生制度として、カフェテリアプランが注目されています。
時代の変化により多様なライフスタイルの人が増えたため、従業員全員にメリットがある制度を設計するのはなかなか難しいものがあります。
しかし、カフェテリアプランを導入すれば多様なニーズに対応できると注目されています。
ここでは、カフェテリアプランが多くの企業に検討されている理由や導入のメリットなどをお伝えしています。

福利厚生を充実させる重要性

新入社員の定着や優秀な人材を確保する手段として、福利厚生の充実化を目指す企業が増えています。
企業がこれからも生き残っていくためには、貴重な人材の流出や生産性のロスを防ぐことが大切です。

しかし、転職が容易にできる時代となった今、働いている従業員の満足度が低ければ、定着せずに別の会社に移ってしまうことが起きやすい状況です。
また、従業員の待遇や職場環境の悪化は仕事の生産性の低下にも直結します。
満足度を高い水準で維持していくことは、ますます企業にとって重要性を増してくるでしょう。

そのような状況の中、生産性の向上や人材の確保を効率的に行うためにも、従業員の満足度を上げるためにも、福利厚生制度の設計が注目されています。

近年の新卒大学生は、企業を選ぶときに福利厚生の手厚さを重要視していることが分かっています。
新入社員を募集する企業側としては、充実した福利厚生の準備ができていれば、就職活動をする大学生に対して良い職場イメージをアピールできます。
働きやすいイメージが伝われば優秀な人材の確保にも繋がりやすくなるでしょう。
また、入社後も職場に対する満足度が高い状態が続けば、離職してしまう可能性も低くなります。
(参照元:https://www.mynavi.jp/news/2018/03/post_16678.html)

カフェテリアプランの福利厚生制度とは

企業で年々採用が増加しつつあるサービスですが、なぜ注目を浴びているのでしょうか。
次ではカフェテリアプランの仕組みなどを解説します。

カフェテリアプランの仕組み

会社が選んだ福利厚生メニューを従業員が自由に利用し、豊かな生活に繋げられるサービスです。
会社から決まったポイント額を従業員へ一律に支給することで、メニューの利用が可能になります。

従業員がメニューを利用する際は、現金の代わりにポイントが支給され、それを消費する形になります。
福利厚生のメニューは、所持ポイントの範囲内で利用が可能です。

メニュー自体は会社が従業員のニーズを考えて、臨機応変に入れ替え可能です。
また、もともと企業にあった福利厚生も柔軟にメニューの一部に組み込むことができます。
従業員にとって魅力的なメニューを多く組み込んで満足度が上がれば、労働意欲の向上効果も期待できます。

カフェテリアプランの歴史

カフェテリアプランの歴史は、1970年代に米国で誕生したのが始まりとされています。
米国内で医療費コストや従業員のニーズが多様化してきたのをきっかけに、対策案として企業間で広く普及しました。

日本へ初めて導入されたのは1995年ごろで、ベネッセコーポレーションが初めて社内制度として採用しました。
導入された目的は、従業員が働きやすい職場環境を構築するためです。
ベネッセコーポレーションの導入をきっかけにして、年々多くの企業で採用が増えつつあります。
(参照元:https://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2011/04/pdf/046-049.pdf)

パッケージプランの福利厚生制度と異なる点

企業がメニューを自由に決定できるカフェテリアプランとは逆に、パッケージメニューは業者が決めた福利厚生メニューをそのまま従業員に提供するという違いがあります。

従業員一人当たりの費用さえ支払えば、メニューを自由に使い放題なため、お得感があるのが特徴的です。
また、福利厚生で発生する仕事は業者にすべて任せられるため、業務削減にも繋がります。

しかし、福利厚生の内容が事前に決まった状態で提供されるため、会社オリジナルの福利厚生制度は混ぜられません。
また、メニューはいつも固定で変わらないため、初めは良くても次第に従業員が飽きてくる可能性があります。
運営は業者が行うため楽ですが、ニーズには柔軟に対応しにくいです。

カフェテリアプランを導入するメリット

たくさんのメニューを自社で考えて用意するのはなかなか大変ですが、サービスを利用することで簡単に実現できます。
また、従来の福利厚生制度だと、会社が用意できるメニューの幅が狭く、従業員全員が公平にメリットを享受するのは難しいものがありました。
しかし、カフェテリアプランの場合、まず福利厚生を受けるためのポイントが従業員全員に一律支給されます。
そして、豊富なメニューの中から、従業員が自分に合った福利厚生を選べるため公平的です。
従業員のニーズに柔軟に応えられる福利厚生によって企業に対する満足度が高くなり、労働意欲の向上にも繋がります。

また、企業側としても福利厚生費のコスト削減や一括管理ができるというメリットがあります。
予算の範囲内で一定のポイントを従業員に支給するため、福利厚生の費用をまとめて管理できます。

さらに、社員募集時には従業員に対する福利厚生が手厚いことをアピールできるため、他社との差別化になります。
今までの福利厚生制度の問題点をカフェテリアプランの導入で是正でき、従業員と企業の双方に大きなメリットをもたらすでしょう。

カフェテリアプランを導入するデメリット

デメリットは、ポイントに有効期限があるという点です。
従業員がメニューに魅力を感じておらず、あまりメニューを利用しない人がいたりした場合、ポイントが消費されないまま期限切れになってしまうことがあります。

また、メニューの豊富さというメリットが逆に選択の迷いを生んでしまうこともあります。
迷った結果、結局使われずに期限が切れるということがあるため、ポイント消費を促すような工夫が必要になる可能性があります。

また、メニューの中でも全く使われないものも出てきます。
使われなくてもコストがかかるため、定期的な見直しが必要です。
また、見直しをしなければ従業員のニーズともずれていき、不満点になることも考えられます。

ニーズに合ったメニューを常に企業側で用意するため、調査や入れ替えという管理コストもかかることになります。
一番理想的な形は、企業や担当者が設定したメニューを従業員が喜んで使ってくれることです。
しかし、時間をかけてメニューを選んだにもかかわらず、予想に反して思ったより使われないという場合もあります。
使用状況が悪いと、設計にかかったコストとリターンが割に合わないと感じることがあるでしょう。

そして、カフェテリアプランを実際に運営するには、メニュー以外にポイントを適切に管理するシステムも必要です。
そのため、福利厚生の管理システムの大がかりな入れ替えとコストが発生する場合があります。

また、税制上では整備がまだ行き届いていない制度のため、メニューによっては課税対象になるものとならないものがあります。
導入する前に税理士などへの相談が必要になるでしょう。

カフェテリアプランの導入方法

すぐに始められるものではなく、様々な手続きや準備が必要になります。
開始するために必要な準備として、ポイントになる原資の用意、メニューと運用フローの設計、管理システムが正常に動くかどうかのテスト、従業員へ新しい制度を知ってもらうための周知活動などをすることになります。

もし自社で管理するのは大変で難しいという場合は、アウトソーシングを活用するという方法があります。
運用のほとんどの工程をまとめて任せられるため、手間が省けます。

準備にかかる期間は、自社運用と外部委託で異なります。
自社運用だと基本的に蓄積ノウハウがないため、運用開始まで約1年かかるでしょう。
アウトソーシング企業に委託した場合は、最短6ヶ月程度あれば始められることが多いです。
また、アウトソーシング企業の中には、従業員の満足度を高く維持して運営していくための十全なフォロー体制が整っているところがあり、制度の効率的な管理運営が期待できます。

カフェテリアプランのメニュー例

豊富なメニューがあると言っても、具体的にはどんなものなのか想像しづらくはないでしょうか。
カフェテリアプランでよくあるメニュー例を大まかに分類すると、食費補助・健康・医療・住宅補助・育児と介護の支援・レジャー・資産形成・スキルアップなどになります。

一般的によく導入されている具体的なメニューの内容としては、昼食費の補助・宿泊施設やアミューズメントパークの利用費の補助・家賃の補助・育児用品の支援・医療費の補助・保険加入の支援、資格取得支援などです。

利用例を挙げると、従業員が育児世帯だった場合、育児支援やレジャーなどのメニューにメリットを感じるでしょう。
逆に単身世帯であれば、生活費を抑えられる家賃補助やスキルアップを目的にした資格取得のメニューなどに魅力を感じることが多いはずです。
豊富なメニューがあることで、従来の制度では難しかった多様なライフスタイルに対応した福利厚生の提供が可能になります。

従業員満足度アップを図るなら「オフィスコーヒー」も検討

多くのニーズを満たせる福利厚生制度の1つとして、オフィスコーヒーを導入するという選択肢もあります。
カフェテリアプランは質・量ともに内容が充実しているのが良い点ですが、導入に長い準備期間や様々なコストがかかるのがネックです。

しかし、オフィスコーヒーであれば、従業員の好みに合ったコーヒーを淹れられます。
味の好みという人それぞれのニーズに対応でき、導入のコストも抑えられます。
カフェテリアプランと比べてユニーク性には欠けますが、従業員全員が利用しやすく平等に満足できるサービスだと言えます。

オフィスコーヒーの設置は、多様なニーズの充足と導入コストの低さが魅力ですが、コーヒーが苦手な人だと利用できないという点が1つ問題になります。
そこでオフィスに置くコーヒーメーカーとしてフラビアアロマを選ぶことを検討してみてください。
ココア・緑茶・紅茶などのドリンクも淹れられるため、コーヒーが苦手な人でも問題なく職場でほっと一息つけます。

● まとめ
従業員の満足度を高めるために、福利厚生を充実させることは重要です。
今回は、多様なニーズに対応できるサービスであるカフェテリアプランをご紹介しました。
充実度は非常に高められますが、導入のコストは安いとはあまり言えません。

しかし、多様なニーズを満たすという目的は、オフィスコーヒーの設置でも十分達成できるのではないでしょうか。
福利厚生の手厚さはほかの制度で充実させることを検討し、幅広い人が利用しやすいコーヒーマシンのアロマフラビアの導入をぜひ考えてみてください。

定期購入でコーヒーマシンがお得に

- TOPICS -特集記事

カフェテリアプランの福利厚生制度とは?

カフェテリアプランの福利厚生制度とは?

多様化する従業員のニーズに対応できる福利厚生制度として、カフェテリアプラン...

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

社員のモチベーションが高い会社は、業績も高い傾向にあります。 社員...

社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例

社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例

多くの社会人が一日の半分を過ごすオフィス。 仕事や職場での人間関係...

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

テレビドラマのワンシーンとして見かけることも多い、おしゃれな社内カフェスペ...

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中や、ちょっとした休憩のときにコーヒーを飲む方は多いのではないでしょう...

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

企業が成長を遂げていくには、組織活性化が不可欠です。 そして、組織...

フラビアアロマの歴史

フラビアアロマの歴史

明治の中頃からコーヒーが飲めるお店や喫茶店が登場しはじめてから、今ではコーヒーは...

美味しいコーヒーとは。

美味しいコーヒーとは。

美味しいコーヒーを探すには、それぞれ嗜好があるため、「産地・種類など豆の選択...

コーヒーと健康

コーヒーと健康

眠気覚まし・集中力を高めたいときなど、味を楽しむ以外にも様々な場面で飲...

女性が福利厚生で求めるものはリフレッシュできる空間!

女性が福利厚生で求めるものはリフレッシュできる空間!

オフィス環境で望まれるのはリフレッシュスペース ...

みんなで使える福利厚生! オフィスにコーヒーメーカーを置こう

みんなで使える福利厚生! オフィスにコーヒーメーカーを置こう

会社の基本!福利厚生は社員のCOLを上げる施策 福利厚生と...

もっとみる

-BLOG-バリスタ岡本のアロマレポート

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

最近よく「オフィスにフラビアコーヒー・アロマを導入したいけど、いったいどれくらい...

コーヒーマシンが美容室を救う

コーヒーマシンが美容室を救う

美容室は群雄割拠状態昨今の美容室は、物凄い数で増えています。近所の駅前ではここ数年で2店...

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

夏にも大活躍のフラビアコーヒー・アロマ ...

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

こんにちは。バリスタ岡本です。 わたくし、「バリスタ」を名乗っておりますが、 ...

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

コーヒー・紅茶・緑茶・ココアなど、いろいろなバリエーションの...

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

アロマレポート第4回はフラビアコーヒーの特徴であるバラエティ豊かなドリンクについてお...

もっとみる