休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化 企業が成長を遂げていくには、組織活性化が不可欠です。
そして、組織活性化の根本にあるのはコミュニケーション。従業員同士のコミュニケーションがとれていなければ、社内全体の連帯感にはつながらないでしょう。
従業員が頻繁に会話するようになり、絆を深め合うためには休憩スペースが大きな役割を果たします。
当記事では、組織活性化の概要をはじめ、従業員同士がコミュニケーションをとりやすい休憩スペースのデザインなどについてご紹介します。

組織活性化の重要性

そもそも「組織活性化」とは、ある組織の目的を従業員が共有して、同じ方向へと努力を続けられる状態を保つことを指します。
組織活性化が実現すれば、従業員同士の団結力が高まり、生産性を向上させられるでしょう。
まだ多くの企業では、従業員が経営理念やビジョンをまるで他人事のように認識しています。
こうした環境では企業成長につながりません。個としてではなく、チームとして生き生きと仕事に取り組むことで、全社員が「自分のミッション」として経営理念を捉えられるようになります。

また、従業員同士のコミュニケーションを円滑化させるためにも、組織活性化は欠かせません。
部署や役職によってコミュニケーションが分断されていると、全体での情報共有が難しくなり、課題解決まで時間がかかってしまいます。
また、一部の人間のスキルが周囲に伝えられず、人材育成においても支障が出ます。
企業が新しいアイデアを生み出し、商品やサービスを進化させていくには、組織活性化による健全なコミュニケーションが必要です。

組織活性化が注目されるようになった背景には、ITの導入やAIの実用化などが挙げられます。
テクノロジーが進化し、業務効率化が推し進められている時代だからこそ、従業員同士の絆が薄くなってしまう恐れが生じてきています。
それにともない、個人の抱えている問題も見逃されやすくなってきているといえるでしょう。
従業員が高いモチベーションを維持しながら働くためには、組織としての働きかけが重要なのです。

オフィス内コミュケーションは組織活性化の無視できない要素

組織活性化に関する取り組みの中でも、特にコミュニケーションは大切なポイントです。
従業員同士のコミュニケーションは、いわば組織力の根源にあたります。
どれだけ有能な人材を集めたとしても、従業員同士の連携がとれていなければ、個人のポテンシャルも引き出されないままでしょう。
従業員同士の結びつきが強くなっていくと、日頃から「自分のチームのメンバーである」という思いを持てるようになります。
そして、社内での情報交換が盛んに行われることで、困難にぶつかっても社員が一丸となって乗り越えようという気持ちを生み出せるのです。

コミュニケーションといえば、すぐに「飲み会」「食事会」といった社内行事に結びつけたがる人事や経営者は少なくありません。
これらの取り組みが期待しただけの成果を生み出せるかどうかは、未知数だといえるでしょう。
従業員によっては、プライベートの時間まで社内の人間と一緒にいたくないと考える人もいます。
そうしたタイプの従業員を拘束し、宴会に同席させるのはモチベーションを低下させてしまいかねない行為です。
それよりも、日常的にオフィス内でできるコミュニケーションに注目してみるのが得策といえます。

休憩スペース・休憩室とオフィス内コミュニケーションの関係

コミュニケーションを活性化させるためには、オフィス内のレイアウトは非常に大きな役割を果たしています。
従業員同士が互いの席を行き来しやすく、開放感のあるレイアウトになっていれば、自ずと会話は生まれるでしょう。
ただし、レイアウトによっては会話が妨げられてしまうケースも珍しくありません。
たとえば、極端に各自の席が固定されているオフィスなどが該当します。

多くのオフィスでは、従業員の席が特定の場所に固定されています。
しかし、そのまま従業員が席を離れられないような環境だと、隣や向かいの同僚としか頻繁に話せなくなってしまいます。
ましてや、他部署とのコミュニケーションとなればなおさらでしょう。

しかし、席の位置はオフィスの広さなどによっても左右されるので、自由にできないこともあります。
そこで「休憩スペース」や「休憩室」が重要になってくるのです。
休憩スペースは、様々な従業員が部署や役職に関係なく集まってくる空間です。
休憩室が立ち寄りやすく、居心地のいい雰囲気であれば、社内のコミュニケーションへとつながります。

利用しやすい休憩スペース・休憩室のデザインとは

従業員にとって利用しやすい休憩スペースには、いくつか特徴があります。
デザインはもちろん、備品の配置などにもこだわって雰囲気をよくしましょう。
また、小物を取り入れてみるのもひとつの方法です。
ここからは、利用しやすい休憩スペースを作るポイントを詳しく解説していきます。

様々な用途で使えるようなデザイン

休憩スペースといえば、食事をしたり仮眠をとったりするイメージが強いでしょう。
もちろん、これらの用途も休憩スペースには欠かせません。
しかし、あまりにも用途を限定してしまうと、「食事の時間ではないから足を運ぶ必要がない」などの発想につながってしまいます。
休憩スペースをコミュニケーションの場とするには、様々な用途に対応できるデザインを考える必要があります。

たとえば、あえてスタンドミーティング用のエリアを作ってみるのはよいかもしれません。
椅子ばかり置いてあると、「長居をしなくてはならない」と従業員に思われてしまいます。
しかし、立ち話ができるエリアがあると、ちょっとした雑談や軽い打ち合わせなどの目的でも休憩スペースを使いやすくなります。

また、従業員が思わず足を運びたくなるようなアイテムを取り入れてみるのもおすすめです。
一部の企業では、休憩室にトレーニングマシーンなどを設置しています。
運動はストレス解消にもなりますし、長く休憩スペースに留まるきっかけにもなります。
単に運動をするだけでなく、互いの体を動かしながら仕事の話をしてもよいでしょう。

椅子やテーブルの種類・配置にこだわったデザイン

休憩スペースのムードは、椅子やテーブルによっても変わります。
もしも古くて汚れた備品ばかり置いてある休憩スペースなら、積極的に立ち寄ろうという人は少なくなるでしょう。
清潔感があり、なおかつ新しい椅子やテーブルを置くのは大前提です。
そのうえで、さらに従業員がリラックスできるアイデアを加えていきましょう。

従業員がくつろぐためには、シート席やソファ席がおすすめです。
まるでファミレスのような雰囲気になるので、緊張がほぐれて会話も弾みます。
ただ、あまりにも居心地がよすぎると休憩スペース内が騒がしくなり、ゆっくりしたい従業員の迷惑になるでしょう。
そこで、ロールスクリーンを用意しておけば、1人になりたい従業員は個室のように座って休むことができます。

テーブルとカウンターの2種類を備えておくのも効果的です。
テーブルがあれば、複数の社員が一緒に座って会話に花を咲かせられるでしょう。
またカウンター席は、ゆっくりと食事や休憩をとりたい人が利用できます。
すべての従業員にとって、居心地のいい配置を目指しましょう。

観葉植物や木製素材など自然を取り入れたデザイン

インテリアも休憩スペースの居心地を決定づけます。
中でも、観葉植物は休憩スペースをやわらかいムードに変えてくれるので、積極的に置いてみましょう。
殺風景な部屋だと、従業員は「本当に入っていいのだろうか」と考えてしまいます。
食事などの理由で仕方なく入室しても、追い立てられるようにしてすぐ出ていってしまうので、コミュニケーションが生まれにくくなります。
しかし、観葉植物があれば心が和むので、気軽に立ち入る人が増えていくでしょう。

ほかにも、木製素材を取り入れるのも効果的です。
備品はもちろん、フローリングにも木目をあしらってみましょう。
木製素材のメリットは温かみを演出できるほか、デザイン次第でリゾート感も出せる点です。
植物と木製素材を掛け合わせるなどすれば、南国の雰囲気漂う休憩スペースのできあがりです。
オフィスの中で一息つける空間として、従業員から人気となるでしょう。

休憩スペース・休憩室にはコーヒーマシン設置もおすすめ

ドリンクを簡単に飲めるようになれば、休憩スペースの利用頻度は上がります。
特にコーヒーマシンは、従業員からの需要も高いでしょう。
ドリップコーヒーをすぐに淹れられる「フラビアアロマ」は、オフィスで愛されているコーヒーマシンです。
インスタントよりも本格的な味と香りを楽しめるので、休憩スペースに足を運ぶ楽しみのひとつとなるでしょう。

カフェの代わりに使ってもらえる

仕事の片手間で飲めるコーヒーは、多くの社会人から愛されています。
しかしながら、オフィス内にカフェのない企業は少なくありません。
周辺に喫茶店がないのであれば、インスタントや缶コーヒーに頼らざるを得なくなります。
フラビアアロマなどのコーヒーマシンなら、質の高いコーヒーを簡単に飲めるので、従業員から歓迎されるでしょう。

また、コーヒーマシンのある休憩スペースは、カフェ代わりとして利用されるようになります。
しかも、従業員がお金を払う必要はありません。
「美味しいコーヒーが飲める空間」はそれだけ魅力的であり、人を集められるでしょう。
結果的に、コミュニケーションの活性化へと大きく貢献してくれます。マシンに投資するだけの価値は十分にあるといえます。

手軽に使える「フラビアアロマ」のコーヒーマシン

数あるコーヒーマシンの中でも、フラビアアロマが注目されている理由のひとつが「手軽さ」です。
基本的な淹れ方は、コーヒーのパックを入れてサイズを選び、抽出するだけです。
お湯を沸騰させたり、豆を挽いたりする手間もかかりません。忙しい中でも気分転換に最適です。

しかもパックを選ぶことにより、数種類のコーヒーを毎回違った味で楽しめます。
コーヒーのほか、ラテや紅茶、ハーブティーなどバリエーションも豊かなので、多くの社員の好みに合わせた飲み物を用意できます。
アイスペールを使えば、アイスコーヒーやアイスティーを作れるのもメリットです。
休憩スペースで従業員が心からくつろげるように、フラビアアロマの導入を検討してみてはいかがでしょう。

● まとめ
休憩スペースはオフィスにおいて、従業員が心からリフレッシュできる数少ない空間です。
また、従業員が気軽に休憩スペースを利用できるようになれば、コミュニケーションも活性化し、業務効率を高めることもできるでしょう。
そのためには、休憩スペースの居心地を考えてデザインしなければいけません。
思わず立ち寄りたくなるような雰囲気があれば、従業員は自然と休憩スペースに足を運びます。
インテリアはもちろん、コーヒーマシンなどの設備にもこだわって空間をデザインしましょう。
そして、従業員がリラックスしながらも、気分転換し残った仕事へと向かえるような環境を整えることが大事です。

定期購入でコーヒーマシンを無料でお届け

- TOPICS -特集記事

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中や、ちょっとした休憩のときにコーヒーを飲む方は多いのではないでしょう...

福利厚生におすすめ! “オフィスコーヒー”で社内活性化

福利厚生におすすめ! “オフィスコーヒー”で社内活性化

「働き方改革」「人材不足」といった言葉が飛び交う昨今、福利厚生の充実は企業にとって重要な課題の...

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

テレビドラマのワンシーンとして見かけることも多い、おしゃれな社内カフェスペ...

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

社員のモチベーションが高い会社は、業績も高い傾向にあります。 社員...

社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例

社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例

多くの社会人が一日の半分を過ごすオフィス。 仕事や職場での人間関係...

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

企業が成長を遂げていくには、組織活性化が不可欠です。 そして、組織...

もっとみる

-BLOG-フラビアアロマ レポート

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

最近よく「オフィスにフラビアコーヒー・アロマを導入したいけど、いった...

コーヒーマシンが美容室を救う

コーヒーマシンが美容室を救う

美容室は群雄割拠状態昨今の美容室は、物凄い数で増えています。近所の駅前ではここ数年で2店...

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

夏にも大活躍のフラビアコーヒー・アロマ ...

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

こんにちは。バリスタ岡本です。 わたくし、「バリスタ」を名乗っておりますが、 ...

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

コーヒー・紅茶・緑茶・ココアなど、いろいろなバリエーションの...

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

アロマレポート第4回はフラビアコーヒーの特徴であるバラエティ豊かなドリンクについてお...

もっとみる