社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは テレビドラマのワンシーンとして見かけることも多い、おしゃれな社内カフェスペース。
近年、実際に取り入れる企業も増えてきました。
ここでは、カフェスペースをオフィス内に設置するメリットと、具体的な導入例についてご紹介します。
社員同士のコミュニケーションのきっかけ作りや、福利厚生の一環としても、ぜひ参考にしてみてください。

さまざまな会社が設置しているオフィスのカフェスペース

これまでオフィスビルのロビーに自動販売機が設置されていることはあっても、十分なカフェスペースが用意されているオフィスは少なかったことでしょう。
オフィス内は仕事をする場所なので、フロアで飲食をするという概念はあまりなかったかもしれません。

しかし近年、オフィス内にカフェスペースを設置する企業が増え始めています。
その理由の一つとして、社内環境の向上が望める点が挙げられます。
一度就職すれば定年までという時代は終わり、昔に比べて転職をする社員も増えています。
企業側としては、能力のある人材に辞められてしまうことはデメリット以外の何物でもありません。
離職率を下げるためには、社員同士の人間関係や仕事のやりがいだけでなく、快適に働ける社内環境も重要な要素になってきます。
社員のモチベーションを高める一つの施策として、カフェスペースの設置は効果的といえるのです。

会議をする場合にも、窮屈な密室で長時間行うと、時間が経つにつれ活発な意見も交わしづらくなるものです。
コーヒーなどを飲みながらオープンな空間でざっくばらんに打ち合わせをする方が、会話もしやすく有意義な打ち合わせができる、と考える企業は増えてきています。

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリット

オフィス内にカフェスペースを設置するメリットは数多くありますが、代表的なものとして次のようなものが挙げられます。

コミュニケーションの活性化を狙える

「あまり関わりがない部署の社員とは会話をする機会がない」「隣の席に座っている同僚とも業務以外ではほとんど会話を交わさない」、そんな状況が続けば、部署間の亀裂が生じたり、コミュニケーション不足で仕事が円滑に進まなかったり、といったトラブルにつながることもあるかもしれません。

社内カフェスペースを設置すれば、オープンな場所で一息つきたい社員が集まる機会が増え、デスクではなかなか話せないささいなことも、スムーズにやり取りできます。
別の部署の社員と交流するきっかけも増えるでしょう。
部署の垣根を越えた社員同士のコミュニケーションが活発になれば、多様な人間関係が築けたり、思わぬアイデアが生まれたりすることも期待できます。
無理に飲み会などを企画して集めなくとも、カフェスペースがあれば日常的にコミュニケーションが図れるメリットが期待できるのです。

スタッフが気軽に休憩・リフレッシュできる場を作れる

長時間パソコンや書類と向き合っていると、ちょっと一息つきたいという気持ちになるもの。
しかし内勤のデスク社員が業務中に席を立って休憩するのは気が引けるという意見もあり、実際そのようなスペースはない企業が多いのが現状です。

しかし社内にカフェスペースが設置されていれば気兼ねなく休憩をとったり、リフレッシュしたりすることができます。
人と会話をすることでストレスを緩和する効果が期待できますし、外回りに出ていた社員などが休憩のためにわざわざ社外のカフェに寄ってから戻る、という時間を省くこともできます。
業務中とはいえ、一息ついてリフレッシュする時間をとれば仕事にメリハリが生まれ、業務効率も上がることでしょう。

コーヒーによるスタッフの集中力アップが期待できる

コーヒーなどカフェインを含む飲み物をとることも、集中力アップにつながる効果が期待できるといわれています(参照:http://hdl.handle.net/10087/10730)。
たとえしっかりお昼休憩をはさんだとしても、朝から業務に従事していると、時間の経過とともにどうしても集中力は途切れてしまうものです。

もちろん、カフェインによる効果は個人差があります。
しかしコーヒーブレイクという言葉があるように、一息ついてメリハリのある業務をこなすことにより、集中力を維持させたり業務生産性の向上につなげたりできると考えられるでしょう。

会社の特徴として求人募集する際のアピールになる

冒頭でも少し触れた「社員の離職率を下げたい」ことも含めて、企業内ではよりよい人材を確保したいという流れが強まっています。
そのためには求人募集の際に、他社よりも魅力的な面をアピールすることが必要不可欠になってきます。
実際社内にカフェスペースを設置している企業のほとんどが、求人募集ページでその旨を紹介しています。

もちろんそれだけが応募の決め手にはならないかもしれませんが、条件や待遇が同等の求人であれば、社内のカフェスペースが一つの魅力的な応募材料になるのは間違いないでしょう。
ドラマのワンシーンのようにリフレッシュする、打ち合わせをするという光景に憧れを抱く人は多いものです。

多目的スペースとしても使える

カフェスペースは、休憩やリフレッシュ以外の用途で使用することもできます。
たとえばちょっとした打ち合わせや、プレゼン会場、イベント会場、セミナー会場としても活用できるでしょう。また仕事の資料を読み返したいというときなどに、デスクを離れて気分を変え、集中するのにもおすすめです。
また、カフェスペースを夜はバーにして、そこを交流の場にすることもできます。
居酒屋などで飲み会を企画してコミュニケーションを図る、というのは、今や古い手法なのかもしれません。

既にカフェスペースを導入している企業の中には、カフェ以外にビジネススペース、ラウンジスペースと区分けして使っているところもあります。

社内カフェスペースの設置パターン

これまで社内にカフェを設置していなかった企業にとっては、どのように導入すればいいのか悩むかもしれません。
続いては、既に導入している企業の設置パターンも例にしながら、導入のアイデアをご紹介します。

本格的なカフェを導入する

簡易なスペースではなく、より本格的な形で導入・設置するパターンです。
オフィスとは全くイメージを変え、思い切って100平米ほどの広めのスペースをとってみてはいかがでしょうか。
木目やブラウンを基調とした落ち着いた色合いでコーディネートし、テーブルなども余裕をもたせた配置にします。
同時に、くつろいで談笑できるローテーブルやソファ席を設けるなど、座席にバリエーションをもたせるのもよいでしょう。

実際に、社内スペースへバリスタを駐在させている企業もあります。
本格的なコーヒーを淹れてもらえるカフェを実現することで、オンオフの切り替えもスムーズにできるのでおすすめです。
カフェを運営している会社に、カフェカウンター業務を任せている企業もあります。
予算に応じて検討してみてください。

オフィスの一部をカフェスペースにする

社内にカフェスペースを設置したいけれど、いきなり大きな予算は割けない、まずは小規模のカフェスペース導入からはじめたい、と考える場合は、オフィスの一部をカフェスペースにする方法がおすすめです。

業者に依頼してデザインや運営などを提案してもらう方法もあれば、自社で行う方法もあります。
業者に依頼する場合には、小規模でも本格的なカフェスペースを作りだせるというメリットがあります。
一方自社で行う場合は、社員がそれぞれのアイデアを絞りながら協力して作り上げることにより、よりカフェへの愛着が沸くことでしょう。

スペース1坪程度からカフェを設置できる小規模タイプのアイデアもあるので、導入を検討している場合は一度施工業者に話を聞いてみるのもいいかもしれません。

コーヒーマシンでオフィスの一部を簡単にカフェスペース化

カフェスペースを導入したいけれど、業者に依頼するには時間も費用もかかり、自分たちで作るにはもっと時間がかかってしまう、と二の足を踏んでしまう企業も多いかもしれません。

ですが、机や椅子、ソファなどを設置しカフェ風の内装にするような大掛かりなものだけでなく、たとえばオフィスの一角にコーヒーマシンを置くスペースを作ることでも、社内カフェは簡単に実現できるのです。

費用を抑えて手軽にカフェスペースを作れる

たとえ小規模でも、カフェスペースを設置するにはそこにかかる費用が心配という場合も多いかもしれません。
しかし、フラビアアロマが提供しているコーヒーマシンを置くだけであれば、初期導入費用はかなり抑えられます。

新たにカフェ用のテーブルや椅子などを購入せずとも、コーヒーマシンを設置する場所と電源さえ確保できれば、明日からでもすぐ簡易なカフェスペースを作ることができるのです。
まずはお試しで仮導入して、社員の反応や効果を見てから本格採用できるシステムがあるのも、嬉しいポイントではないでしょうか。

「フラビアアロマ」が提供するコーヒーマシンの魅力

フラビアアロマのコーヒーマシンを導入している企業からの、嬉しい声として多いポイントが「おいしい」「操作やお手入れが簡単」「ドリンクの種類が多い」の3点です。

なにより、缶コーヒーとは違った淹れたてのおいしさが味わえるというのは、一番の魅力でしょう。
コーヒーマシンを導入したことで、いつも社外で飲み物を購入していた社員がマシンを利用するようになった、という声も多く聞きます。

そして社内にはさまざまな年代の方がおり、中には新しい機械が苦手という方もいるかもしれません。
フラビアアロマのコーヒーマシンなら操作が簡単でお手入れも楽なので、どなたでも使用でき、メンテナンスの手間も最低限に抑えられます。
お客様に提供するコーヒーとしても利用できますから、お茶出しの手間も減らせるでしょう。

また、ドリンクの種類は豊富に取り揃えられています。
導入する機種にもよりますが、コーヒーだけでなく、紅茶、ココアなど、全部で18種類から選べるマシンもあります。
今日はどのフレーバーにしようかな?と選ぶ楽しみがあるのも魅力です。

● まとめ
社員に快適な職場空間を提供できることはもちろん、業務生産性の向上や、社員同士のコミュニケーションの活性化など多くのメリットが期待できる社内カフェスペース。
本格的なカフェスペースを設けるだけでなく、コーヒーマシンを置くだけという手軽な導入方法もあります。
自社のニーズや予算に合わせて、ぜひ設置を検討してみてはいかがでしょうか。

定期購入でコーヒーマシンがお得に

- TOPICS -特集記事

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

テレビドラマのワンシーンとして見かけることも多い、おしゃれな社内カフェスペ...

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中や、ちょっとした休憩のときにコーヒーを飲む方は多いのではないでしょう...

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

企業が成長を遂げていくには、組織活性化が不可欠です。 そして、組織...

フラビアアロマの歴史

フラビアアロマの歴史

明治の中頃からコーヒーが飲めるお店や喫茶店が登場しはじめてから、今ではコーヒーは...

美味しいコーヒーとは。

美味しいコーヒーとは。

美味しいコーヒーを探すには、それぞれ嗜好があるため、「産地・種類など豆の選択...

コーヒーと健康

コーヒーと健康

眠気覚まし・集中力を高めたいときなど、味を楽しむ以外にも様々な場面で飲...

女性が福利厚生で求めるものはリフレッシュできる空間!

女性が福利厚生で求めるものはリフレッシュできる空間!

オフィス環境で望まれるのはリフレッシュスペース ...

みんなで使える福利厚生! オフィスにコーヒーメーカーを置こう

みんなで使える福利厚生! オフィスにコーヒーメーカーを置こう

会社の基本!福利厚生は社員のCOLを上げる施策 福利厚生と...

もっとみる

-BLOG-バリスタ岡本のアロマレポート

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

最近よく「オフィスにフラビアコーヒー・アロマを導入したいけど、いったいどれくらい...

コーヒーマシンが美容室を救う

コーヒーマシンが美容室を救う

美容室は群雄割拠状態昨今の美容室は、物凄い数で増えています。近所の駅前ではここ数年で2店...

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

夏にも大活躍のフラビアコーヒー・アロマ ...

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

こんにちは。バリスタ岡本です。 わたくし、「バリスタ」を名乗っておりますが、 ...

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

コーヒー・紅茶・緑茶・ココアなど、いろいろなバリエーションの...

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

アロマレポート第4回はフラビアコーヒーの特徴であるバラエティ豊かなドリンクについてお...

もっとみる