仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは? 仕事中や、ちょっとした休憩のときにコーヒーを飲む方は多いのではないでしょうか。
コーヒーは、眠気を覚ます、リラックスさせてくれるなどの効果が広く知られています。
この記事では仕事中のコーヒーをより楽しめるよう、カフェインの効果や、コーヒーを飲む際のポイントをご紹介します。

カフェインとは苦味成分の一種

カフェインとは、植物に含まれるアルカロイドという苦味成分の一種で、もともとは植物が昆虫から身を守るために作られた物質だと考えられています。
カフェインという名前の由来となったコーヒーをはじめ、茶葉、カカオ豆、かつてコーラ飲料の原料として用いられたコーラビーンズなど、多くの植物に含まれている成分です。
また、カフェインは熱に強い性質があることが特徴で、焙煎されたコーヒー豆にも多くの成分が残っています。
コーヒーや紅茶などのドリンク類のほかには、チョコレートや眠気防止効果のあるガムなどの食品、解熱鎮痛剤や鼻炎用カプセルなどの医薬品にも含まれています。

仕事中にカフェインを摂ることのメリット

有名な目を覚まさせる効果をはじめ、カフェインには仕事の効率アップにつながる特徴があります。

眠気を抑制して集中力を高められる

まずは覚醒作用。眠気覚ましの効果です。
カフェインには、脳の興奮を抑制するアデノシンという物質の働きを抑える作用があり、それによって眠気が覚めてすっきりします。
アデノシンが働きを抑える神経伝達物質のひとつには、ドーパミンというやる気を起こさせる物質が含まれているため、集中力や注意力を高いレベルで維持するのにも役立つのです。
日本の大学生を対象としたある研究では、コーヒーを飲んだ後に行った暗算計算のテストの正答率が高く保たれたという結果が得られました。
これらの効果から、カフェインは眠気防止用のガムや、エナジードリンクなど、集中したいときに重宝する製品にも多く使用されています。
集中力が切れて眠くなりがちなときに、コーヒーブレイクでカフェインを摂取すれば、集中力をキープして仕事に取り組めるでしょう。

疲労感の解消が期待できる

カフェインは疲労感を軽減する効果も期待できます。
ドーパミンには疲れた脳に働きかけ、リフレッシュさせてくれるほか、やる気が起きたことによって疲労感を忘れさせてくれる効果があるからです。
また、コーヒーの独特の香りには、仕事中の緊張を解きほぐしリラックスさせてくれる効果もあります。
ただし、これらの効果は一時的なものなので、本当に疲れているときは、ゆっくり体を休めるなどの別のリラックス方法も検討しましょう。

カフェインを摂るのにコーヒーがおすすめな理由

カフェインを含んだドリンクは数多くあり、新たな製品も続々と登場しています。
それでもやはり、代表格はコーヒーでしょう。コーヒーには、ほかのドリンクにはないメリットが多くあります。

紅茶やコーラよりも多くのカフェインが含まれる

コーヒーには、100mlあたり約60mgのカフェインが含まれています。
カフェインが多く含まれる飲み物としては、紅茶が思い浮かびますが、カフェインの量は100mlあたり約30mlと、コーヒーの半分ほど。コーラ飲料は約10mlで、多くはありません。
最も多くカフェインが含まれる飲み物は玉露です。100mlに約160gも含まれています。しかし、玉露は非常に高価で、気軽に購入できるものでもないので、日常的に飲むのにはあまり適していないでしょう。
またエナジードリンクは、製品によってカフェイン量が異なりますが、コーヒーと同じくらいか多めに含まれています。常飲するにはカフェインが多過ぎる製品もあるので注意が必要です。
仕事の最中にカフェインを効率よく、適度に摂取するには、コーヒーが最も手頃といえるでしょう。
 参照元:https://j.cocacola.co.jp/info/faq/detail.htm?faq=19113
     http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/02/16/1365343_1-0216r9.pdf               

好みに合わせていろいろな種類を楽しめる

カフェインを摂取するためとはいえ、日常的に口にするのであれば、美味しくなければ逆にストレスの原因にもなります。
同じものばかりでは、飽きてしまうこともあるでしょう。コーヒーなら、いろいろな味やアレンジを楽しめるので、飽きずに長く続けられます。
例えば、アイスでもホットでも美味しく飲めるのもおすすめ理由のひとつ。年間を通して飲むのであれば、季節に合わせた温度で飲めるのはうれしいポイントです。
そして時間がたっても、さほど味が落ちません。コーラ飲料やエナジードリンクであれば、冷えていた方が断然美味しいですし、時間がたつと炭酸が抜けてしまいます。
仕事中にゆっくり飲むなら、長い間美味しさが保てるコーヒーがおすすめです。
一口にコーヒーといってもコーヒーにはたくさんの種類があります。
濃厚なコクのあるもの、酸味が強いもの、フルーティな香りのものなど、好みやその日の気分によっていろいろな味を楽しめるでしょう。
カフェラテやカプチーノのようにアレンジできる点も見逃せません。
さらに、ミルクや砂糖で好みの味に調整ができるのも大きな魅力。
朝はミルク多め、午後はすっきりブラックなど、一日の中でも違いを作り楽しんでみてはいかがでしょう。

仕事中にコーヒーを飲むときのポイント

カフェインを摂取することにはさまざまなメリットがありますが、気を付けたい点もあります。
適切な飲み方を知って、上手にカフェインと付き合いましょう。

適量を飲む

通常の飲み方をする限りではいい効果を期待できるカフェイン。
しかし過剰に摂取すると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、不眠症、下痢、吐き気などの症状が出る可能性もあります。
このため、さまざまな保健機関から適切なカフェインの摂取量が発表されています。
例えば、カナダ保健省(HC)は、カフェインの1日あたりの最大摂取量を健康な成人で400mgと提唱しています。
コーヒー1杯を150mlとすると、カフェイン量は約80mgとなり、最大摂取量は5杯分に相当します。1日3~5杯であれば、安心して飲める量でしょう。
(参照元:http://www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/show/syu04720030110)
ただし、カフェインに対する感受性は個人差が大きいため、自分の適量を見極めることが重要です。
またカフェインを繰り返し摂取し続けると耐性がついて、カフェインの効果が効きにくくなることがあります。
そうすると、より大量のカフェインを摂取したくなる中毒的な症状を引き起こすことがあるので気を付けましょう。

適切なタイミングで飲む

眠気覚ましとして有名なカフェインですが、実は仮眠との組み合わせも効果的です。
カフェインは摂取してから15分ほどたってから血中濃度が高まり、効果が現れるといわれています。
コーヒーを飲んだ後に15分ほど仮眠をとると、ちょうど目覚めるころに効き始め、頭がすっきりした状態になります。
眠気で午後の仕事に身が入らないという方は、ランチ後の休憩時に試してみてはいかがでしょうか。
カフェインの覚醒作用は、裏を返せば眠りを妨げるということです。
就寝前にコーヒーを飲むと、寝付くのに時間がかかり、就寝時間も短くなるという実験結果も報告されています。
コーヒーを飲んだ後のカフェインの血中濃度は、半分になるまでに約4時間を要します。
そのため、心地よい睡眠のためには夕方以降のカフェイン摂取は慎重に行いましょう。
どうしてもコーヒーを飲みたい場合は、カフェインレスコーヒーを飲むという選択肢もあります。

コーヒーの種類・抽出方法も気にしてみる

コーヒーは抽出時間の長さや豆の焙煎方法などによってカフェインの量が異なります。
どんなコーヒーを飲むかによって、カフェイン摂取量をコントロールできるのです。
一般的に、コーヒーを淹れるときの抽出時間が長くなるほど、多くのカフェインが抽出されます。
そのため、ドリップコーヒーのカフェインは多めです。また、浅い焙煎や細挽きのものはカフェインが多くなります。
味の濃いエスプレッソはカフェインが多いと思われがちですが、深煎り豆を使用しているので、焙煎の際に揮発されています。抽出時間も短いので、カフェインが溶け出しにくくなっているのです。
さらに、エスプレッソは1杯の量も少なく、一度に摂取するカフェインの量は多くありません。
ほかにも、豆の種類によっても変わり、缶コーヒーやインスタントコーヒーに使われるロブスタ種は、カフェインが多く含まれています。
カフェインの摂取は控えたいけれど、コーヒーを飲みたいという場合には、カフェインレスコーヒー(デカフェ)がおすすめです。
生豆をカフェインが溶けやすい液体に浸しておく、二酸化炭素で圧力をかけてカフェインを抽出するなどの方法で、カフェインを90%以上減らした豆を使用したコーヒーです。
カフェインレスコーヒーであれば、時間帯や量を気にすることなく楽しめるでしょう。

飲みたいときに飲めるよう、コーヒーをオフィスに用意するのがおすすめ

「仕事中に飲みたくなっても、いつでも外出できるわけではない」「時には専門店の美味しいコーヒーが飲みたいけれど、値段が高い」……そんなときに、オフィスにコーヒーを用意しておけば、仕事に区切りがついて一息つきたいときや、行き詰まったときの気分転換にいつでもコーヒーを楽しめます。
お店で買うより安く済み、買いに行く時間がかからないのもうれしいポイントです。
近年では福利厚生の一環としてオフィスにコーヒーマシンを導入する企業も増えています。
オフィス環境を良くして社員のやる気を引き出すことが狙いのひとつです。
好きなときに手軽に美味しいコーヒーが味わえれば、満足から仕事のモチベーションもアップにつながるでしょう。
また、外国のお客様の来社時におもてなしとして出す、長時間に及ぶ打ち合わせの2際にコーヒーを出して場を和ませるといった使い方をしても喜ばれるでしょう。
コーヒーマシンの性能の進歩も目覚しく、コンパクトで手入れも簡単な製品が手頃な価格で購入できます。
コーヒーだけでなく、紅茶やラテ、ココアなどバラエティに富んだドリンクを淹れられる製品もあります。
オフィスに設置しておくことで、多くの人の作業効率アップや、和やかなコミュニケーションの一助となることでしょう。

● まとめ
カフェインには集中力を高める、疲労感を解消させるなどのさまざまなメリットがあり、仕事中にコーヒーを飲むことで、業務効率のアップが期待できます。
ブレイクタイムに美味しいコーヒーでリラックスできれば、気持ちを切り替えて仕事に取り組めることでしょう。
とはいえ、カフェイン摂り過ぎには注意が必要なので、適切な量やタイミングを知ることが大切です。
カフェインをよく知り、コーヒーとの上手な付き合い方を見つけていきましょう。

定期購入でコーヒーマシンを無料でお届け

- TOPICS -特集記事

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中や、ちょっとした休憩のときにコーヒーを飲む方は多いのではないでしょう...

福利厚生におすすめ! “オフィスコーヒー”で社内活性化

福利厚生におすすめ! “オフィスコーヒー”で社内活性化

「働き方改革」「人材不足」といった言葉が飛び交う昨今、福利厚生の充実は企業にとって重要な課題の...

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

テレビドラマのワンシーンとして見かけることも多い、おしゃれな社内カフェスペ...

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

社員のモチベーションが高い会社は、業績も高い傾向にあります。 社員...

社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例

社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例

多くの社会人が一日の半分を過ごすオフィス。 仕事や職場での人間関係...

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

企業が成長を遂げていくには、組織活性化が不可欠です。 そして、組織...

もっとみる

-BLOG-フラビアアロマ レポート

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

最近よく「オフィスにフラビアコーヒー・アロマを導入したいけど、いった...

コーヒーマシンが美容室を救う

コーヒーマシンが美容室を救う

美容室は群雄割拠状態昨今の美容室は、物凄い数で増えています。近所の駅前ではここ数年で2店...

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

夏にも大活躍のフラビアコーヒー・アロマ ...

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

こんにちは。バリスタ岡本です。 わたくし、「バリスタ」を名乗っておりますが、 ...

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

コーヒー・紅茶・緑茶・ココアなど、いろいろなバリエーションの...

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

アロマレポート第4回はフラビアコーヒーの特徴であるバラエティ豊かなドリンクについてお...

もっとみる