仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア 社員のモチベーションが高い会社は、業績も高い傾向にあります。
社員のやる気を上げるには様々な方法がありますが、手段のひとつとして福利厚生を上手に取り入れている会社が多く見られます。
ここではそんな社員のモチベーションを上げられるような福利厚生のアイデアや重要性などを紹介していきます。

社員の「仕事へのモチベーション」を意識する重要性

社員のモチベーションの高さは、企業生命を左右する重大な要素です。
特に人材の移動が激しい現代は、一度雇った人をずっと会社に置いておくことが難しくなっています。
人が離れていくことをできるだけ防ぐには、社員のモチベーション管理が企業にとって大きな課題となります。

また、社員のモチベーションが低いと様々な問題が発生します。
一例として、社員のモラル低下などが挙げられます。
重要書類の扱いが雑になったり、不正な経費が計上されたりなど、社員の不適切な振る舞いが増加した結果、様々なトラブルを生じます。
モラルの低い社員がいると、やる気の高い社員まで意欲をそがれてしまい、仕事の生産性や業績の低下に繋がっていきます。

近年は転職のハードルが低くなっていることもあり、職場の雰囲気が悪いことを理由に離職を希望する社員は多いです。
社員が減ったら、企業は新しく人を採用しなくてはなりません。
しかし、雇用や育成にはコストがかかるため、離職率が高い状態は会社として好ましいものではありません。
なるべく社員を離職させないためにも、モチベーションをマネジメントしていくことは非常に重要です。

福利厚生の充実はモチベーションアップの一手段

人のモチベーションは、魅力的な目標があって尚且つ達成できる可能性が高いと上昇するといわれています。
会社が社員のモチベーションを意図的に引き出すために、改善しやすいのは福利厚生です。
魅力的な福利厚生を用意することで、仕事への意欲を向上させられるでしょう。

モチベーションが低下する原因は様々ですが、そもそも社員自身が業務にあまり意味を感じていないと上がりにくいでしょう。
そこで、心理学のラダー効果が有効です。
これは、行為に目的意識と意味付けをすると、人のやる気が上がることを利用した手法です。
例えば、社員にメリットが大きく、利用しやすい福利厚生を用意し、業務への目的意識を持たせることでやる気を引き出すことに繋がります。

また、人材の流動化が目立つ近年では、個人が会社に求めるものも変化しています。
多様化する社員のニーズに応えられるよう、用意する福利厚生も様々なタイプを用意する方が良いでしょう。

モチベーションアップを狙うなら参考にしたい、8つの福利厚生アイデア

福利厚生を工夫した結果、生産性が向上したという国内企業の事例は数多くあります。
ここからは、社員のモチベーションが上がると同時に、仕事の生産性も向上するような福利厚生のアイデアを8つご紹介します。

育児支援

育児中の女性にとって、子供の面倒を見ながら仕事をこなしていくのは非常に大変なことです。
そこで、会社が育児を支援する福利厚生を充実させることで、社員が抱える経済的・精神的・肉体的負担の軽減に繋がり、仕事に集中しやすくなるでしょう。

事例としては、ベビーシッターの手配や社内託児所を福利厚生として設けている企業があります。
MANARAという独自のクレンジング商品を販売しているランクアップでは、仕事と育児の両立を支援するために、ベビーシッターを会社で契約しています。
費用は会社がほとんど負担しているため、女性が育児中でも安心して働ける職場となっています。
制度を導入した結果、女性の出産後の復職率が上昇し、戦力となる人材の離職防止や社員の満足度向上に繋がりました。

大手通販サイトで有名な楽天では、オフィス内に託児所を併設することにより、子供を保育施設に預けられなくても職場復帰しやすい環境作りを実現しました。
また、不動産の賃貸仲介サービスを行っているエイブルでは、オフィス内に授乳室を設けており、会社全体で育児家庭を支援する取り組みが積極的に行われています。

就業時間の短縮

就業時間を短くすることで生産性と業績を上げた会社があります。
エブリプランというコンサルティング会社は、福利厚生として1週間のうち1日は出社時間を1時間遅らせても良い制度を実施しました。
つまり、出社時間が朝9時なら1時間後の10時に出勤しても良いということです。
退社時間は変化しないため、全体的に1日の就業時間が短縮されます。
この制度を導入した結果、社員全体のモチベーションがアップし、作業効率も向上しました。

休暇取得に手当金を出す

社員のやる気を底上げする福利厚生として、長期休暇を採用している会社は多く存在します。
長期休暇をより充実させるため、休暇を取る社員に会社から手当金を支給する制度も生まれています。

このような制度を実施した企業には、就職・転職サイトなどで知られるリクルートグループがあります。
これにより、社員は心身ともにリフレッシュ効果が得られ、休暇後も意欲を持って業務に取り組むことができます。
また、有給休暇消化率の向上や、休みを取りやすいように社員同士がフォローし合うという社内環境の変化も期待できます。

仮眠制度

眠気がある状態で仕事をしても生産性は上がりません。
ヒューゴという大阪のコンサルティング会社では、午後1時~4時までの間を休憩時間として、社員が自由な時間を過ごせる取り組みを行っています。
午後4時からは業務を再開し、夜8時に終業となるため実働時間は一般企業と同じ8時間です。

休憩時間に仕事をして早めに退社するということも可能で、時間の調整は従業員の意思に任せられています。
実際に制度を利用している社員の感想では、一定時間休憩を取ると仕事に集中しやすいという実感の声が上がっています。
仮眠制度の導入には特別な設備もいらず、すぐにでも実施できるため、会社としても試しやすいモチベーションアップ制度といえるでしょう。

飲食の提供

社員の健康への気遣いや仕事へのやる気を引き出すために、福利厚生で飲食物を提供している会社があります。
例えば、コーヒーなどのドリンク、ランチや朝食などです。
飲食物を社員に提供する狙いには、社員に健康意識を高めてもらう・社員同士でコミュニケーションが取れる場を作る・休憩できる環境を整えて社員の集中力を活性化させるなど、多々あります。

提供方法は、野菜や果物を会社で配布する、専用のランチスペースを設けるなど様々です。
エンジニアが多い会社では朝食を抜く社員が多い傾向にあるため、会社でバナナやオレンジを配布している事例があります。
導入する場合は、会社の風土に合わせて内容を考えると良いのではないでしょうか。

資格支援

社員のスキルアップを支援する福利厚生として、セミナーの参加日は休暇が取れるようにするというアイデアがあります。
資格取得などのスキルアップは実務に直結するため、会社側と社員の双方にメリットがあります。
支援する内容は、資格取得のための教材費や受験料の負担などです。
結果的なリターンが大きいため、様々な福利厚生のアイデアの中でも導入したいと考える企業は多いのではないでしょうか。

社員同士の触れ合い

社員同士のコミュニケーション活性化を促す制度を福利厚生に導入している会社は多くあります。
社員同士の交流が不足すると、職場の雰囲気や人間関係の悪化を招き、仕事にも悪い影響を及ぼします。
そのため、社員同士の触れ合いが起こるような福利厚生を導入するのは、会社にとって大きなメリットがあります。

福利厚生で採用されている取り組みは会社によって異なります。
例えば、社員同士の飲み会や外出費用の補助、運動会、ボードゲームなどのレクリエーションなどがあります。
規模は様々ですが、コミュニケーション不足の解消や社員同士の結束力向上が期待できます。
また、運動会のようなスポーツを採用すれば、社員の運動不足の解消と健康増進にも繋がります。

ゲームや運動会などのイベントを実施する場合は、休日や終業後に行うことになります。
人によっては残業や時間外労働のように感じる可能性があるため、自由参加にしたり、誰でも楽しめるような企画を考えたりするなどの工夫が必要になるでしょう。

副業の推奨

変わった福利厚生として、専業を禁止する「副業推奨制度」を導入している会社があります。
エンファクトリーという通販サイトや人材マッチングなどの事業を行っている会社です。
社員の自立心や生きていく力を養うために副業推奨制度を作ったとしています。
個人的に副業に取り組むことでビジネス感覚が身に付き、将来的には会社の事業にも主体的に関われる優れた人材の育成・確保になることが期待できます。

社員自身が能力の向上を実感できると、それは強固な自信に変わり、精力的に仕事がしたいというモチベーションへと繋がっていきます。
また、会社側としてもユニークな福利厚生制度があると、会社のアピールポイントとして打ち出せるため、注目を集めやすいです。

コーヒースペース設置も検討したい福利厚生のひとつ

利用イメージ

社員のモチベーションを上げる福利厚生のひとつとして、雰囲気の良いおしゃれなカフェを設置するというアイデアがあります。
休憩中や仕事の合間にコーヒーを飲んでほっと一息できるような場が理想的です。
しかし、予算や設置スペースなどの問題で導入が難しい場合もあるでしょう。
そこで、社員全体が利用しやすく、導入コストもリーズナブルなコーヒーマシンの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

カフェの設置には大きなコストや場所の工事など様々な準備と手間が発生します。
しかし、コーヒーマシンなら機器を置くスペースと購入費用のコストを考えるだけで導入できるため、手間がかかりません。
また、マシンの近くにテーブルやイスを置けば簡易的なカフェスペースができあがります。
大がかりなカフェスペースを設計しなくても、コーヒーマシンさえあればリラックスできる空間を社内に作れるのです。

コーヒーメーカーの中でもフラビアアロマなら、ココアや紅茶なども楽しめます。
コーヒーが苦手な方が職場にいたとしても問題ありません。
社員の誰もが自分の好みに合うドリンクを選んで、ほっとしたひと時を過ごせます。
操作はボタンを押すだけなので、誰でも使いやすく簡単です。

● まとめ
社員のモチベーションを上げるには福利厚生を工夫する方法があります。
社員にとって利用するメリットの大きい福利厚生があることで、仕事への意欲を持ってもらいやすくなります。
福利厚生のアイデアは様々なものがありましたが、個人のニーズが多様化しているため、様々な方面のアイデアを採用する方が社員のやる気を刺激しやすいでしょう。

定期購入でコーヒーマシンを無料でお届け

- TOPICS -特集記事

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中や、ちょっとした休憩のときにコーヒーを飲む方は多いのではないでしょう...

福利厚生におすすめ! “オフィスコーヒー”で社内活性化

福利厚生におすすめ! “オフィスコーヒー”で社内活性化

「働き方改革」「人材不足」といった言葉が飛び交う昨今、福利厚生の充実は企業にとって重要な課題の...

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

テレビドラマのワンシーンとして見かけることも多い、おしゃれな社内カフェスペ...

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

社員のモチベーションが高い会社は、業績も高い傾向にあります。 社員...

もっとみる

-BLOG-バリスタ岡本のアロマレポート

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

最近よく「オフィスにフラビアコーヒー・アロマを導入したいけど、いった...

コーヒーマシンが美容室を救う

コーヒーマシンが美容室を救う

美容室は群雄割拠状態昨今の美容室は、物凄い数で増えています。近所の駅前ではここ数年で2店...

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

夏にも大活躍のフラビアコーヒー・アロマ ...

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

こんにちは。バリスタ岡本です。 わたくし、「バリスタ」を名乗っておりますが、 ...

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

コーヒー・紅茶・緑茶・ココアなど、いろいろなバリエーションの...

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

アロマレポート第4回はフラビアコーヒーの特徴であるバラエティ豊かなドリンクについてお...

もっとみる