社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例

社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例 多くの社会人が一日の半分を過ごすオフィス。
仕事や職場での人間関係がうまくいかず、ストレスを溜めながら働いている人は多いといわれています。
では、どのようにすればストレスを軽減することができるのでしょうか。
また、オフィスで快適に仕事をするためには、どうしたらよいのでしょうか。
職場でのストレスを減らすためにすべきことを検証していきます。

社会的な課題といえるストレス対策

現代社会は、経済的に豊かになり、科学技術もとても発達して、より便利で快適な生活が実現しています。
その一方で、いいようのない閉塞感が漂う「ストレス社会」とも呼ばれるようになりました。
ますます激しくなる競争社会の中で、私たちは多くのストレスを抱えながら暮らしており、またそれが原因で心の病にかかる人が増えているのです。
これには、仕事からくるストレスのみならず、高齢化に伴うストレスも含まれています。
医学の進歩によって平均寿命こそ長くなりましたが、高齢者には孤独感や死への恐怖といった不安感がつきまとい、心身に影響を及ぼすことも少なくありません。
企業においては、2015年12月から厚生労働省より義務化された「ストレスチェック制度」というものがあります。
これは、ストレスに関する質問票に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分がどのような状態にあるのかを調べられる簡単な検査です。
この検査をすることで、労働者は自分のストレスレベルを把握でき、ストレスを溜めすぎないように対処します。
場合によっては医師の面談を受け、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらうこともできるので、一つの改善策といえるでしょう。

社員のストレスが増加すると起こりうる問題

仕事からくる過度なストレスにより、不眠症やアルコール依存症になり、心身の不調を訴える社員は少なくありません。
会社側はしばしば「社員個人の問題」と判断してしまう場合があります。
しかし心身の病気は「会社側の責任」として捉えた上で、訴訟リスクにつながる恐れもあるのだという意識を持って対応する必要があります。
また最近では、新卒採用の社員が4年以内に退職してしまう傾向が増えてきています。
社員一人ひとりが抱えるストレスは会社全体の生産性にも影響を及ぼすので、もはや見過ごせない問題となっているのです。

仕事においてストレス要因となりうること

近年、過重労働による健康障害やメンタルヘルス不調などの健康問題が話題となっています。
また、長時間労働が心の健康に影響を及ぼすことが指摘されています。
では、いったい何が原因で、私たちは仕事でストレスを感じてしまうのでしょうか。
ここからは、その原因について詳しく解説していきます。

人間関係

仕事におけるストレスの主な原因として挙げられるのは、「職場での人間関係」です。
中でも、多くの人が「上司との関係」に不満を抱えているようです。
例えば、「上司がいうことは絶対という昔の風潮などが残っていて、自分の思っていることがいえない」「上司の機嫌をとらないといけない」などの問題が挙げられます。
とりわけ新入社員などは、なかなか自分の意見を自由に発言できる立場にないため、こうした環境下ではストレスを溜め込みやすい傾向にあります。
また職場では、セクハラやモラハラなども珍しくないため、このままここでやっていけるのかという気持ちからストレスが発生してしまうようです。
こうしたケースでは、社員一人ひとりが気軽に悩みを相談できる環境が求められます。

仕事の内容

希望と夢を持って入社し、いざ入社してみると、想像していた仕事内容と現実とのギャップに悩まされる人も多いです。
「こんなはずではなかった」という気持ちがストレスを生み、退職や転職に踏み切る人も少なくありません。
そうでないにしても、新卒社員のうつ病発症などを招くリスクもあるため、採用者・被採用間できちんと認識のすり合わせをしておくことが重要です。

勤務時間が長い

長時間の仕事に加えて残業、このような仕事のスタイルは珍しいことではありません。
もちろん、仕事に対するやりがいや昇進、自分自身のスキルアップにつながるのであれば、モチベーションを保つことは可能でしょう。
しかし、長時間働いても何ら変化がない場合、仕事への意欲ややりがいも低下し、会社全体の生産性に悪影響が出てくるようになります。
拘束時間が長ければ長いほど、こうした傾向が顕著になりやすいため、公私のバランスを崩さない勤務形態が重要視されています。

家庭と仕事との両立が難しい

社員の中には、家庭と仕事を両立している人はたくさんいます。
特に小さな子供がいる家庭では、子供の学校行事や体調不良などの理由から、どうしても急に仕事を休み、早退する必要が出てくる場合もあります。
しかし、このような社員に対して職場の理解がないと、社員は当然不満を感じてしまいます。
最近では、産休や育休などの待遇をしっかりと受けられる環境が増えてきていますが、それでもまだ多いとはいえません。
これらの休暇を社員が遠慮なく申請できるような環境づくりが、多くの企業にとって未だ課題とされています。

社員のストレスを軽減するための施策例

社員のストレスを軽減させるためには、どのようなケアが効果的なのでしょうか。
ここからは、社員のストレスケアの施策例を見ていきましょう。

面談の実施

メンタルヘルス不調者が増加していることから、2015年12月より、企業内でのストレスチェック実施が義務化となりました。
このストレスチェックによって、ストレスレベルが高いと評価された社員は、本人が希望すれば産業医と面談できるようになりました。
心身の状態や勤務状況などを確認することで、当人のメンタルヘルス不調のリスクを評価し、指導を行うことができます。
また、気軽に相談できるような窓口などがあるとよりよいでしょう。

相談窓口の設置

昨今では、社内に産業カウンセラーの設置を検討する企業が増えてきています。
これには、メンタルヘルス不調の予防や早期発見が可能となるメリットがあります。
また、社員がカウンセリングを通して、自らの悩みの解決に少しでも近づくことで、仕事の生産性向上にもつながるでしょう。
さらに相談窓口があることによって、社員が気軽に今後の働き方やキャリアプランなどについて相談したり、メンタル面のサポートを受けたりすることができるようになります。
何か不安があるときは、相談窓口にいるカウンセラーに話をし、解決方法を一緒に模索することも可能です。
すぐには問題解決につながらなくても、直面している問題の状況や気持ちを整理できるのが重要で、ストレス反応の緩和が望めるでしょう。

労働環境の改善

社員が働きやすいと思える環境づくりは、どの企業においても最優先すべき事項であると考えられます。
ここでいう労働環境とは、職場の温度などの「気候条件」、照明などの「物理的条件」、においなどの「科学的条件」、社員が就業する職場の「環境諸条件」のことをいいます。
また最近では、この環境諸条件にプラスして、職場の「人間関係」も条件だとする考え方が増えています。
温度や照明、においなどの条件は人それぞれ感じ方に違いがあるため、全員が納得する方向に改善することはなかなか難しいです。
ゆえに全員が妥協できる状態を目指し、可能な限り不便や不快感を伴わない環境に導くことが大切です。
また、オフィス内の雰囲気がピリピリしていて、休憩や有給休暇をとりにくいような環境も、社員の心身に影響を及ぼすことがあります。
社員一人ひとりのライフワークバランスを尊重し、風通しのよい人間関係を築くことで、皆がハツラツと働くことができ、作業効率や質の向上につながるのです。

福利厚生の充実

福利厚生とメンタルヘルスケアは、一見あまり関係ないように感じますが、実は密接に関係しています。
福利厚生の一環として、社員のメンタル管理を行っていくことは、会社側にとっても非常に重要なことです。
また最近では、ユニークな福利厚生制度が増えてきています。
例えば、あるIT企業では社員がほぼ一日中PCで作業するため、社内にて無料でマッサージを受けることができます。
また、全社員を対象として月に一度飲み会を行い、一人当たり4000円が会社から支給されるという面白い制度もあります。
このように福利厚生を充実させることによって、社員のモチベーションが上がり、生産性の向上につながります。

オフィス環境の工夫

社員が快適に仕事できるようにするには、オフィス環境を整えることが大切です。
快適に過ごせる場所を提供することで、社員のモチベーションを維持し、高いパフォーマンスを発揮させられるようになるのです。
例えば、オフィス内の空気がよどんでいたり、室内温度が熱すぎたり寒すぎたりすると、体調が悪化してしまいます。
空気の入れ換えと清掃だけでも定期的に行いましょう。
また、明るさと清潔感を保つために、定期的にデスクを整頓する習慣を持たせるのもよいでしょう。
オフィス環境を整えることで仕事の生産性が高まり、業績アップにつながるかもしれません。

オフィスにコーヒーマシンを置いて一息つける環境づくり

これまで社員のストレスケアの施策例をご紹介してきましたが、いずれも会社が総力を挙げて取り組むべき課題であり、なかなか一朝一夕で導入できるものではありません。
これから策を講じるとなれば、多くの費用と手間暇がかかることは想像に難くないでしょう。
そこで、よりよい労働環境づくりの第一歩として、まずはコーヒーマシンの導入から検討してみるのがおすすめです。
職場のストレスケアを語る上で欠かせないのは、何といってもコーヒーの存在です。
コーヒーの香りにはリラックス効果があり、疲れた頭をリフレッシュさせ集中力を高めることができます。
作業中はもちろん、ほっと一息つきたいときにもコーヒーは大いに役立ちます。
休憩スペースなどにコーヒーマシンを設置すれば、気分転換の場として機能しつつ、社員同士のコミュニケーションの活性化にも一役買ってくれるはずです。
特にフラビアアロマのコーヒーマシンは、アロマの香りを封じ込めて抽出するため、香り高い極上の一杯を何度でも味わうことができます。
オフィス内でいつでも手軽に美味しいコーヒーを飲めるようになれば、社員のモチベーションを良好に保てるでしょう。

● まとめ
現代社会において、会社員の多くはさまざまな理由からくるストレスを抱え、日々そのストレスと戦いながら仕事をこなしています。
ストレスを軽減し、社員一人ひとりの本来のパフォーマンスを発揮させるためには、会社の福利厚生制度を充実させ、適度に休息をとらせて公私のバランスを維持することが重要です。
また、オフィスにコーヒーマシンを導入すると、疲れたときに気分転換をしやすいでしょう。
こうしたストレスケアできる環境づくりが、社員一人ひとりのモチベーションアップにつながり、ひいては会社全体への貢献となるのです。

定期購入でコーヒーマシンがお得に

- TOPICS -特集記事

カフェテリアプランの福利厚生制度とは?

カフェテリアプランの福利厚生制度とは?

多様化する従業員のニーズに対応できる福利厚生制度として、カフェテリアプラン...

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

仕事のモチベーションアップを狙う!参考にしたい福利厚生アイデア

社員のモチベーションが高い会社は、業績も高い傾向にあります。 社員...

社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例

社員が感じる「仕事のストレス」を軽減するための施策例

多くの社会人が一日の半分を過ごすオフィス。 仕事や職場での人間関係...

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

社内カフェスペースをオフィスに設置するメリットとは

テレビドラマのワンシーンとして見かけることも多い、おしゃれな社内カフェスペ...

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中にコーヒーでカフェインを摂るメリットとは?

仕事中や、ちょっとした休憩のときにコーヒーを飲む方は多いのではないでしょう...

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

休憩スペース・休憩室のデザインを工夫して組織活性化

企業が成長を遂げていくには、組織活性化が不可欠です。 そして、組織...

フラビアアロマの歴史

フラビアアロマの歴史

明治の中頃からコーヒーが飲めるお店や喫茶店が登場しはじめてから、今ではコーヒーは...

美味しいコーヒーとは。

美味しいコーヒーとは。

美味しいコーヒーを探すには、それぞれ嗜好があるため、「産地・種類など豆の選択...

コーヒーと健康

コーヒーと健康

眠気覚まし・集中力を高めたいときなど、味を楽しむ以外にも様々な場面で飲...

女性が福利厚生で求めるものはリフレッシュできる空間!

女性が福利厚生で求めるものはリフレッシュできる空間!

オフィス環境で望まれるのはリフレッシュスペース ...

みんなで使える福利厚生! オフィスにコーヒーメーカーを置こう

みんなで使える福利厚生! オフィスにコーヒーメーカーを置こう

会社の基本!福利厚生は社員のCOLを上げる施策 福利厚生と...

もっとみる

-BLOG-バリスタ岡本のアロマレポート

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

オフィスコーヒー(フラビアアロマ)の導入費用とおすすめ運用方法

最近よく「オフィスにフラビアコーヒー・アロマを導入したいけど、いったいどれくらい...

コーヒーマシンが美容室を救う

コーヒーマシンが美容室を救う

美容室は群雄割拠状態昨今の美容室は、物凄い数で増えています。近所の駅前ではここ数年で2店...

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

オフィスでも美味しいアイスコーヒーが飲みたい

夏にも大活躍のフラビアコーヒー・アロマ ...

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

ITエンジニアとオフィスコーヒーの関係

こんにちは。バリスタ岡本です。 わたくし、「バリスタ」を名乗っておりますが、 ...

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

フラビアコーヒーアロマで作る“ラテ”ドリンク

コーヒー・紅茶・緑茶・ココアなど、いろいろなバリエーションの...

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

オフィスを彩るバラエティ豊かなドリンクたち

アロマレポート第4回はフラビアコーヒーの特徴であるバラエティ豊かなドリンクについてお...

もっとみる